Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.05.06 Monday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

CD

もうすぐハロウィーン!!

ハロウィン(Halloween)は、キリスト教の諸聖人の日(万聖節)の前晩(10月31日)に行われる伝統行事で、諸聖人の日の旧称"All Hallows"のeve(前夜祭)であることから、Halloweenと呼ばれるようになったらしい。
有名なのは、カボチャをくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン」(お化けかぼちゃ)を作り、魔女やお化けに仮装した子供達が「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねる。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供達は貰ったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする。

で、そのハロウィーンにちなんだジャーマンメタルバンドを紹介しよう!!
綴りは、HELLOWEENと違うけど、ジャケットにカボチャのキャラクターを使ってる。
代表作は、

Keeper of the Seven Keys, Pt. 1


Keeper of the Seven Keys, Pt. 2
まあ、80年代後半のHMブームに青春時代を謳歌した人にとっては説明はいらないと思うけど、一応しときます。この2枚のアルバムは、タイトル通り続いていて、どちらも10分を超える大作が入っている。楽曲によっては、アニメソングの様なコミカルな曲も入っているので、メタル系が苦手な人でも聞きやすいかも?マイケル・キスクのヴォーカルは、オペラ調で、クイーンズ・ライチのジェフ・テイトやロニー・ジェイムス・ディオっぽさもあり、表現力は十分です。
この2枚のアルバムの前は、Vocalがギターでもあるカイ・ハンセンがやっていた。正直ヴォーカルとしてはいまいちだけど、楽曲がすばらしかった!!で、この2枚のアルバムからマイケル・キスクというスーパー・ヴォーカリストが参加し、すばらしい楽曲が生かされるようになった。その後ミニアルバムとかでマイケル・キスクによって初期の曲がカバーされるが、これまた最高!!その後、カイ・ハンセンが脱退し、アルバムを出したが、駄作。。。その後マイケル・キスクが脱退。。。アンディ・デリスが加入したが、俺の興味ある曲はなし。。。
  • 2005.10.06 Thursday
  • 23:07

-

スポンサーサイト

  • 2019.05.06 Monday
  • 23:07
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback