Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.05.06 Monday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

第四世代iPODをSAD iPODから救え!!

一度分解したら当然メーカー保証を受けられませんので、注意して下さい。また、分解作業自体、自己責任で行ってください。

1とりあえず分解してみた
とりあえず分解してみないと何も分からんということで、分解してみた。分解方法は、ぐぐって見たら結構情報があるので、参考にした。工具は、マイナスドライバーを使って、本体と側面のプラスティックとアルミ?の隙間に、上からマイナスドライバーを強めに突っ込む。このとき、傷がつくので注意。分解してみると分かるけど、側面に複数のつめがある。(写真1参照)
【写真1】

2バッテリーのチェック
分離できたので表カバーと裏カバーをやさしく分けてみる。(写真2参照)
【写真2】左側のブルーのゴムカバーに覆われているのが東芝製1.8inch HDD


まず、バッテリーが正常かどうかを調査するために、バッテリからの電源供給コネクタを外してみて(写真3参照コレがバッテリー)、外部から電源を供給してみる。でも、やっぱりSAD iPODが表示されて駄目。。。これで怪しいのはHDDだろうと確信!!
【写真3】左上のコネクタが電源供給用


3HDD調査
とりあえずHDDを外そうと思い軽くHDDを持ち上げる。(特に両面テープとかで止まっている様子は無い)HDDはコネクタで接続されているだけらしくそれを抜く。(写真4参照)
【写真4】


う〜ん1.8inchのHDDなんて持ってないからなあ。。。そこで再度ぐぐって見ると、第2世代に第4世代のHDDを装着でき、20GB⇒40GBになったとの記事が。。。うん?ということは逆も出来るのでは?と思い、以前分解した初代iPODを再度持ち出してみた。で、HDDを調べてみたところ、第4世代よりも少し薄いけど(写真5参照:この写真は、第1世代のHDDに第4世代のスペーサーをつけたもの)スペーサーをつければ何とかなりそう。おまけに容量は違えど、東芝製1.8inch。
【写真5】


4いよいよ復活!!
もともと壊れてるし、チャレンジということで、第1世代のHDDを装着してiPOD UpdaterとともにPCに接続してみた。すると、ついに''復元キーがアクティブに!!容量は減ったけど(40GB⇒5GB)第4世代が見事復活!!使えりゃぁ贅沢はいえません。。。秋葉に行ってマイクロドライブ購入してiPOD mini復活させようかな?
  • 2006.10.15 Sunday
  • 23:23

-

スポンサーサイト

  • 2019.05.06 Monday
  • 23:23
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback