Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.05.06 Monday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

CD

2008年最初に買ったCD2枚

一枚目がこれdown

アル・ディ・メオラの2006年の作品。相変わらずいい音させてます。アコギの音色はこうあるべき!!といってもいいくらい。
エレキもいい音してるし、フレーズもいい。
RAPやPOP、JAZZ系のVocalものが主で、たとえRAPで打ち込み系の曲でもアメリカのミュージシャンとは違って欧州の様式が感じられるメロディーを感じることができます。

2枚目はこれdown

Greg Howe、Victor Wooten、 Dennis Chambers といういずれもミュージシャン's ミュージシャンの凄腕ばかり!!1曲目からデニチェンの複雑なドラムでわくわくさせられます。
ホールズワーストとかが好きな人には特にお勧め!!
すべて超絶テクばかりではなく、フュージョン色の強い癒し系音楽も入っています!!
  • 2008.01.08 Tuesday
  • 12:52

CD

メガデスのちょっと不満です。。。


ユナイテッド・アボミネイションズ
前回のアルバムで最後?とも言っていたムス様。。。やっぱり新しいアルバム出した。

今回は後期のメガデスのようで、個人的には前作のほうが好きです。

狂気なまでの疾走感、破壊感やプログレ的展開、かっちょいいリフはあまり見ることができない。。。少し不満です。。。
  • 2007.08.02 Thursday
  • 22:18

CD

ウルトラ・ペイローデッド・サテライト・パーティー


ウルトラ・ペイローデッド

私、ヌーノが好き、というだけでこのアルバム買ってしまいました。はっきり言ってヌーの目的の人は、少し肩すかし。。。
ソロアルバムのようにカッチョイイリフとかは皆無です。
まあ、普段聞かないジャンルなんで楽しめるけど、満足までは行かないかな?
  • 2007.07.31 Tuesday
  • 22:17

CD

Coccoのニューアルバム”きらきら”


きらきら(初回限定盤)

デビューアルバムから好きなCocco。
いったんミュージックシーンから引退したCocco
そんなCoccoソロの復帰2作目。
内容はアコースティック。ファーストのCoccoが好きな人にとっては、違和感があるかもしれないけど、最近のCoccoが好きな人には十分満足できる無いようでは。
俺は、ファーストを聞いて衝撃が走ったタイプなので、アコースティックなのは苦手なんだけど、何故か今回のアルバムを聞いて素直に優しい気持ちになれた。それは、Coccoが素直に自然にポジティブな気持ちで(レコード会社からの圧力なしに)作ったアルバムだから。ファンとしては素直にうれしい。
それに、初回特典の絵はがき。ブックレットを見てさらに幸せな気持ちになれた。ブックレット内のスタジオの手書き見取り図、スタジオ風景なんて、結構いい感じで「あ〜こんな環境で創作活動や、音楽やってみたいな」て思えた。
最近の写真を見てもCocco素直な笑顔やな?って感じるのは俺だけ?
  • 2007.07.29 Sunday
  • 00:32

CD

SAOSIN


Saosin/Saosin

ジャンルで言うとエモ/スクリーモになるらしいSAOSINのSAOSINというアルバム。ジャケットが気に入って購入。

エモよりもギターの音色がヘビメタ的でもある。様式美ではないけど、ギターとかドラムの構成はこってる。

エモ系はあまり聴かないけど、これは結構気に入った。
何かスポーツしてるときとかに結構爽快に聴くといいかも?

邦楽で言うとエルレガーデンに近い?
  • 2007.03.30 Friday
  • 13:16

CD

強力新人!!


Rise/The Answer

去年のSILVERTIDE以来の注目新人バンド、The Answerの1st「Rise」
ジャンルは、もろブリティッシュRock!!
多分引き合いに出されるのは、Zeppelin。。。

SILVERTIDEは、シンプルながらも現代風の雰囲気も持ってたけど、The Answerのジャケットを見てわかるように、さらにシンプルなRock。完全に70年代。。。かわいそうなのは、Zeppelinに思い入れがある人にとって、Zeppelinを超える訳はない。。。でも、先入観なしに聞いてみると単純にかっこいい。。。思い入れのある人も一度聞いてみてもいいかも?捨て曲はないかも?
心地よいオーバードライブのかかったギターサウンド!!エモーショナルなボーカル!!粗いなあ〜って思えるほどラフなギターの重ね方。。。どれをとってもかっこいい!!
大音量で聞くことをお勧めします。
  • 2007.03.06 Tuesday
  • 13:07

CD

HOTEI vs Char




Stereocaster/HOTEI vs CHAR

会社の売店で売ってたので思わず購入!!
HOTEI vs Charのシングル。

どうもHOTEIさん25周年らしく、いろんな人とバトってはシングル出してるみたい。
で、第3弾となる今回はCharとのバトルによるインスト。
個人的にHOTEIさんは好きではない。何故か、高校時代にバンドブームがあってみんなBOWY(つづりあってる?)のコピーバンドやった。。。当時の俺は、コアなヘビーメタルファンで、正直、ああいったジャンルに嫌悪感があった。。。
その後、ソロになって嫌悪感はなくなったけど、別に聴かなくても・・・て存在だった。

今回初めてHOTEIのCDを改めて聴いたけど、このCDいいっすね。。。お互い緊張感もって探り合ってる。。。独特の個性的サウンドのHOTEI、ストラットの渋いサウンドのChar。。。二人ともどちらが弾いている分かる。
是非聴いてみてくださいな。
  • 2006.11.15 Wednesday
  • 13:13

CD

YUIのアルバムにはまってます。。。


FROM ME TO YOU/YUI


音楽といえば、洋楽で、ジャンルもHM,HR,Jazz,Fusionがほとんどなので、ほとんど邦楽は聴かない。。。
ただ、Char,Cocco,aikoなんかは聴くけどそれ以外はまず聴かない。。。

そんな俺が今なぜかYUIのアルバムにはまっている。
歌唱力はけっして高くないし、むしろ危なっかしさすら感じる。
でもなぜかその未完成な部分にはまっているみたい。
曲はほとんど彼女が書いているようで、結構オーソドックスな曲に彼女独特のVocalメロディを乗せている。 歌い方も、単純にリズムに乗せるだけでなく、あえてずらすことで 程よく危なっかしさを表現できている。特に語尾の歌いまわしは、ぞくっとする。
心に響くVocalです。

以前の夜中の番組で彼女がストリートであぐらをかき、アコギのみで歌っている姿を見た
時から何故か気になり始めた。
今回のアルバムではバンド演奏による収録だが、アコギ1本でこれらの曲を演奏する彼女を
生で見てみたい。 赤い旗

彼女の作曲作は、1,2,4,5,8,9,10,11,13曲目
1曲目、バンド形式の曲。歌いだし、サビを通して彼女の魅力が十分詰め込まれた秀作!!
2曲目は、ドラマでの使われた曲なので有名。よくできた曲。
3曲目、歌いだしは特に特徴も無いフォークソングだが、サビにかけては彼女の危うさが表現されている。
4曲目、コレもバンド形式のRockでVocalメロディが個性的で薦めです。
5曲目、かわいい感じのPOPソング。ただ、単純なPOPソングではなく、サビのVocalメロディの作り方はゾクッとさせられる要素が含まれていて、結構はまります。
6曲目、スローナンバーのフォークソング。しっとりした曲。
7曲目、危うさ満点。へたかも?って思うぐらい危ういです。でもはまってしまった。。。
8曲目、普通のPOPソング。ただし、彼女の歌い方で、捨て曲までにはなってない。
9曲目、この曲すきです。危うさ満点!!バンド形式Upテンポナンバーでもかっちょいー。歌いだしからサビへの展開、はねた感じ。こんな曲もYUIにあうんや、、、と驚いた曲。アコギ1本でも十分かっこいいかも?
10曲目、スローナンバー。しっとり。。。
11曲目、ブリリアント・グリーンぽい曲。特にピンと来ない曲。ただし、危うさは十分。
12曲目、YUI節炸裂のアコギナンバー。この曲の歌詞結構いい。まだ、大人になりきれていない状態で、不安を抱えたまま自立しようともがく若者の様が表現されています。しっとりしたメロディもいいです。
13曲目、ミドルテンポのPOPナンバー。アルバムの最後にしてはちょっとマニアックな曲調。ただ、コレも彼女による作曲やけど、非凡さを感じる。


というわけで、最近HM,HRに飽きてきた、ちょっと癒されたいって人にはお奨めかも?ニョロ
  • 2006.07.18 Tuesday
  • 23:25

CD

日本版タック&パティ


That’s My Way/Fried Pride

今まで、日本にFried Prideなるアーティストがいるのを知らなかった。ジャンルはJAZZ?というよりも和製タック&パティと言った方がいいかも。。。
なぜ知ったかというと、最近日本のヒット曲をJAZZ風にアレンジしたアルバムを発売したらしく、タワーレコードで視聴したのがきっかけ。第一印象は、トリッキーなアコギに説得力のある女性ボーカルだなと。。。日本人ぽくないなと。。。

で、アマゾンで調べてみたら、Fusion界のベーシストとして有名なマーカス・ミラーが参加したアルバムを見つけたので即買いしてみた。

結構はまります。。。とくに疲れがたまっている今に最適!!
もし、生活に疲れていやされたいと思う人は聴いてみてください。


注意:タック&パティとは音の作り方、ボーカルの表現の仕方は違います。。。
  • 2006.07.09 Sunday
  • 00:01

CD

Coccoの新作!!


ザンサイアン(初回限定盤)(DVD付)

Coccoのソロとしては復帰作となるアルバムを購入しました!!

内容は、シングルとして先行発売された音速パンチで始まり、時々激しい曲もあるけど、基本的にはおとなしめの曲が多い。

でも、Coccoの歌声には魅力がある。けっして特別うまいとは思わないけど。。。

ちなみに初回特典として、PVのDVDもついてくる。
この中では、Coccoの珍しいダンスシーンもあり、これがまたなかなかうまい。。。
  • 2006.07.05 Wednesday
  • 00:05